タマホームの住まい

タマホームで建てた体験記録と建てた後の住み心地や気になる情報を発信

建築業者選び

      2014/02/08

建築業者選び

前回は住宅ローンを簡単に説明しましたが、今回は建築業者の比較、検討です。私の知っている限りですが簡単に説明します。

建築業者の特徴

・大工さん

  • 個人業者。もっとも融通が利きますが、工期が長め。金額が高め。 品質は大工の腕次第。

・工務店

  • 住宅の工事がスムーズに行えるよう職人の手配をする。ハウスメーカーと似ています。個人経営の工務店から大手工務店まであります。
  • 地域密着型でアフターケアに安心感がある。

・ハウスメーカー

  • 工務店と似ていますが、H.Mは展示場があり、マイホームのイメージをしやすい。全国展開していて高い営業力、品質管理体制に優れる。
  • 自社で部品の開発を行うところもある。

・建築設計事務所・建築家

  • 建築監査の役割を持つ。簡単に言うと、建築現場で手抜き工事がないか、設計通りに建てられているかを確認、指導します。
  • 現場での作業は工務店が行います。

各建築業者には、上記のような特徴があります。上記以外にフランチャイズがあります。フランチャイズとは本部と加盟店の2つで成立っていて、加盟店が全国展開している。(コンビニなどもフランチャイズ)加盟店は地域に密着してきた工務店なので、H.Mと工務店の中間的存在。

メリットとデメリット

建築業者選びもマイホームを建てる上で重要なポイントとなります。自分の中で重要な項目が満たされているか?を考えながら比較、検討するのが良いと思います。

私の場合は重要ポイントとして

  1. 金額
  2. 工法(ベタ基礎、4寸柱、耐震性能)
  3. 自由設計
  4. お客に対する姿勢と考え方。
  5. アフターケア

上記5つが満足できる建築業者である事を条件に選定しました。

1.大工さん
メリット

  • 完全自由設計
  • 個人経営の為、家の出来が死活問題となりうる。(一生懸命)
  • 手抜き工事、欠陥住宅の心配はあまりない。
  • 個人の為、連絡もれ等がない。

デメリット

  • 大工の腕により品質にバラツキがでる。
  • 工期が長くなりがち。
  • 材料費など金額が高くなりがち。

2.工務店
メリット

  • 融通が利く。
  • こまめなメンテナンスとアドバイスが得られる。
  • 担当者が転勤などで変わることが少ない。
  • 宣伝費用などが少なく、結果的に安く建てられる。

デメリット

  • 信頼性が工務店によりバラツキがある。
  • 優良工務店の見極めが難しい

3.ハウスメーカー
メリット

  • 展示場でマイホームのイメージが出来る。
  • 品質が安定している。(大工の腕の差が出にくい。)
  • 専門部署でそれぞれのプロがいる。
  • 工期が短い。
  • ノウハウが豊富で安心感がある。

デメリット

  • 規格統一などにより融通の利かない部分が多い。
  • 担当者の転勤などにより担当が変わる事が多い。
  • 家を多く売るために、営業1人で10人担当している事もある。(必要最低限のことしかしない。忙しい。)

4.建築設計事務所
メリット

  • 自分の要望通りの家が建てられる。
  • いろいろな提案、アドバイスが受けられ、より良い家造りができる。
  • 個性的な家造りがしやすい。

デメリット

  • 良い建築設計事務所・建築家の見極めが難しい。
  • 設計事務所の意見・提案に流されてしまう事もある為、家造りの知識が必要。

まとめ

建築業者選びは、非常に時間もかかり、頭を悩ませる項目です。
私も、友達や家族、実際にマイホームを建てた人から話しを聞き、ネットで調べたりもしましたが、どの建築業者で建てれば良いという結果は得られませんでした。

自分なりにまとめてみました。参考にして下さい。

大工さんで建てる

  • 知り合いや親戚に大工さんがいる。
  • 自分で材料調達や家を建てる手伝いができる(かなり安くなります。)

工務店で建てる

  • 近くに評判のいい工務店がある。(よい家造りをした実績がある)
  • 少しでも安く建てたい。
  • アフターケアをこまめにお願いしたい。

ハウスメーカーで建てる

  • 品質の安定した家を建てたい。
  • 細かい仕様変更はあまりしない。
  • 設計やコーディネイトをおまかせしたい(無難にやってくれる。)

建築設計事務所・建築家

  • 個性的でこだわりのある自分だけの家を建てたい。
  • 評判のいい設計事務所や建築家を知っている。
  • 家造りの知識がある。または勉強して納得の行く家を建てたい。

最後に...
最終的には自分で情報を集め、得た情報の中で判断、決定することになります。ここで紹介した内容がこれからマイホームを建てられる方の参考になれば幸いです。

展示場巡りへつづく

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

 - マイホーム検討 , ,

Top