オール電化

最近よく耳にするオール電化

今回は、このオール電化について紹介しようと思います。ちなみに我が家はオール電化+エコキュートです。

説明しなくてもみなさんよくご存知だとは思いますが、まだ知らない方のためにもちょっと紹介します。

オール電化住宅とは

オール電化とは、読んで字の如く、ガスを使用せず、全てを電気でまかなう住宅の事ですね。

  • ガスコンロ → IHクッキングヒーター
  • ガス給湯器(灯油ボイラー) → エコキュート(電気温水器)

この2つを電気に変えればオール電化住宅になります。従って、全く火を使わない住宅という事になります。

ちなみにタマホームでは、オール電化仕様ではなくガス仕様も選べます。

ガス仕様

(クリックで拡大できます。)

「オール電化は嫌いだ!」という方は、ガスでもOKです。

オール電化の特徴


安全性

炎を出さないので、不完全燃焼や火傷、火災の危険性が低く、安全性が高い。

クリーン

燃焼による二酸化炭素の発生や水蒸気の発生が少ないので、室内の空気が清潔です。ただし、IHクッキングヒーターはガスコンロと比べると上昇気流が弱いので、上昇気流が弱くても効率よく換気するタイプのレンジフードが必要になるようです。

参考資料:住まいの調査隊★相談コーナー

経済的

オール電化用料金プランが利用でき、経済的になる。

夜間の電気料金が通常の電気料金の3分の1ですむ。

電磁波

クッキングヒーターは調理する際には約20~90kHzの周波数で20mG以下の電磁波が発生します。

IHクッキングヒーターから発生する電磁波については、国際機関によるガイドラインを大幅に下回っていることから、健康への有害な影響を及ぼすことはないといわれています。(いわれているだけなのかも..?)

◆オール電化の普及率はどれくらい?

よく耳にするオール電化住宅。どれくらい普及しているのでしょうか?調べてみました。全世帯(5000万世帯)の3%にあたる150万世帯がオール電化住宅のようです。

参考資料:オール電化住宅が急増中

年々、オール電化住宅は増加しているようですね。毎年20万世帯以上増加しています。

オール電化のメリットが多くの方に受け入れられている結果なのでしょう。

しかし、オール電化のメリットとデメリットをどれだけの方がしっかり理解し、利用しているかは疑問が残ります。

次回は、オール電化のメリットについて紹介します。

オール電化” に対して5件のコメントがあります。

  1. 雲太 より:

    いつもコメントありがとうございます。
    雲太もHM変更にあたって、オール電化かガス仕様か再考しました。
    初期投資はオール電化の方が高そうなのですが、いわゆるローコストメーカーの標準がこぞってオール電化なのが「??」です。
    メーカーにとっても良いことが多いんでしょうかね?

  2. はるはる より:

    コメントありがとうございます。
    確かにローコスト住宅メーカーは、オール電化を
    推奨してますね。
    多分、1契約いくらで報奨金がでるのではないかと思われます。
    それだけ、オール電化に各社、力を入れてるのでしょう..。

  3. ぐっちー より:

    管理人様
    「分離発注でマイホーム」のぐっちーと申します。
    突然のお願いで恐縮ですが、弊サイトと相互リンクを行っていただけないでしょうか?
    コメントにURLを入力したところ、禁止ワードではじかれてしまったので、お手数ですが当方のURLはYahoo等で「分離発注でマイホーム」で検索してください。
    なお、こちらのブログへのリンクは「LINK」に作成済みです。
    以上、よろしくお願いいたします。

  4. はるはる より:

    ぐっちーさん、相互リンクのお誘いありがとうございます。
    こちらもリンクさせていただきました。
    今後ともよろしくお願いします。

  5. ぐっちー より:

    はるはる様
    早速のご対応ありがとうございます。
    今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

上棟式