タマホームの住まい

タマホームで建てた体験記録と建てた後の住み心地や気になる情報を発信

仕様打ち合わせ(外部仕様)

      2014/03/28

タマホームとの仕様打ち合わせ(外部仕様)

仕様打ち合わせ(住宅仕様確認書)のつづきです。

前回記事:仕様打ち合わせ(住宅仕様確認書)

前回は、タマホーム展示場内のショールームにて、外部仕様を決定していきましたが、前回、紹介できなかった部分を引き続き紹介します。

では、早速、

屋根瓦、外壁は、仕様がほぼ決まりました。

③玄関ポーチタイル

ポーチタイル

高山製陶のプリモスという製品です。

我が家は、大人し目な感じの家をイメージしてましたし、外壁との配色を考えると無難であろうS-502を選びました。

このポーチタイル、マイホームのイメージを大きく変えます。

和風になったり、洋風になったり...。

タマホームでは、選択できるポーチタイルが少ないので、選択肢は限られてますね。

④サッシ、手摺

ここでは、玄関ドア、勝手口、雨戸、出窓、面格子、外額縁などを決めていきます。

まず、玄関ドアです。

玄関ドア種類

YKK ap製のベナード7型を選びました。

玄関ポーチとの配色を考えて、茶色系でなるべくシンプルな玄関ドア(親子ドア)にしてます。

この玄関ドア、取っ手を選ぶことができます。

玄関ドアの取っ手

我が家は、シンプルさでストレートタイプを選びました。

次に、勝手口

勝手口は選ぶことはできませんでした。

格子のタイプをクロスか桝目を選ぶのみでした。

雨戸

戸皿タイプかシャッタータイプかを選べます。

防犯シャッター

毎年、台風がよく来るところに住んでますので、耐風シャッターがあると便利なので、ウィンドシャッターにしてます。

それから、出窓

タマホームでは、建坪40以上であれば、標準仕様で立派な出窓がつきます。(弓形出窓)

弓形出窓

我が家は40坪ないので、普通の台形出窓になります。

オプションで変更することもできるのですが、20万だとか40万だとか追加費用が必要と言われましたので、すぐにあきらめました。(笑)

面格子

クロスか縦型の面格子を取り付けられます。(オプション扱い)

防犯対策として、取り付けておきたい面格子ですが、我が家は、諸事情により取り付けませんでした。

パース図

外壁のメーカーと色を仮決めすると、外壁サイディングメーカーからパース図が上がってきます。

パース図1

外観パース図

パース図2

外観パース図1

パース図3

外観パース図2

パース図4

外観パース図3

パース図5

外観パース図5

全部で5通りパース図が上がってきました。色の濃さや、外壁サイディングを変更して比較してます。こうやってパース図で見ると完成図がイメージしやすいですね。

実際に完成したマイホームとは若干異なる事もありますが、完成したマイホームを見ても、ほぼパース図通りです。

パース図で外壁を検討し、気に入らなければ何度でもパース図を出してもらいましょう。

参考までに...
クボタ松下電工外装の外観シミュレーションなんてのもあります。

ちなみに、タマホームは結構いいガラスを使用しています。Low-Eガラスをほぼ全ての窓に採用しています。普通の複層ガラスより断熱性や結露に対しても効果が高くなってます。

という事で、今回はタマホームの外部仕様を紹介しました。

次回は、内部仕様を紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

 - 着工までの準備 , , , , ,

Top