タマホームの住まい

タマホームで建てた体験記録と建てた後の住み心地や気になる情報を発信

本体工事費以外の費用確認の続き

      2014/02/08

前回の続きで、今回も本体工事費以外の費用確認です。

今回はタマホームの見積もり内容も紹介しつつ、本体工事費以外の費用について紹介します。

本体工事費以外の費用確認

マイホーム検討を本格的に進めて行き、いろいろなハウスメーカーなどで見積もりを取ってみると、気がつく事があります。

それは、何かと言いますと...

本体工事費以外の内訳(内容)がハウスメーカーにより違っています!それぞれのハウスメーカーの経営方針や、考え方により内容が異なるのは理解できるのですが、お客(施主)にとっては、まぎらわしい事この上ないですね!

総費用でハウスメーカーを比較・検討すれば、金額面での比較はできますが、同じ内容でも金額が異なっている場合があります。

例えば、給排水工事、
同じ仕様の家なのにハウスメーカーにより10~20万円金額差があることもあります。 使用する材料(材質)が違うので金額が上がっているという理由なら納得できますが、ただ単にハウスメーカーの利益になっている場合もあるようです。

この辺は、見積もりを見て「おかしい!」って思うことがあれば、どんどんハウスメーカーに、つっこんで確認した方が良いです。

タマホームの見積もり内容

ちょっと、わかりにくいですが、タマホームの見積書です。

この見積もりは、実際はA3サイズの見積書だったのですが、写真に撮ると、見にくかったので、左半分と右半分で分けて写してます。

概算見積もりなので、正式な見積もりではありませんが、そうたいして金額は、正式見積もりと変化ありませんでした。(建てた結果です)

概算見積り1

ちょっと見積もりが見にくいので、簡単に見積もり内容を説明します。

まず、見積もり書の一番上の項目から。

A 建物本体工事
大安心の家(2階建て) 37.35坪・・・金額:9,177,417円
って書いてます。

この時点では、細かい明細はありませんので、本体工事:9,177,417円って、表示されてます。この金額に消費税を入れると、坪単価25.8万円になりますね。 やっぱり坪単価表示25.8万円は本体工事のみの金額でした。

B オプション工事
外部出隅追加 5万円, 内部建具変更 6.1万円, 鋼製建具変更 4.4万円, 2階トイレ追加 34.2万円

合計49.7万円です。

これは、私がタマホームに「こんな家にして下さい。」ってプラン(間取り)を出して、お願いした内容が標準仕様と異なるため、オプション扱いになった項目です。

C 付帯工事
地盤調査 9万円, 屋外電気配線工事 3.7万円, 屋内外給排水工事 69万円, 雨水排水工事 26.6万円, 合併浄化槽工事 75.1万円

合計 183.4万円です。

これが、本体工事をしていく中で付帯的に必要となる工事ってやつですね。 普通に生活できる状態にするには、こういった項目は仕方がないようですね。(高いっ!)

D 必要費用
確認申請料・図面作成料 40万円, 性能保証機構登録料 10万円,仮設工事(水道、電気、トイレ) 20万円, オール電化対応費 8.5万円, 諸検査費用 13万円

合計91.5万円です。

諸経費
99.1万円

これは、ハウスメーカーの利益になる総費用の8%の経費ですね。

で、見積書の中段やや下に、総工事費合計:1341万円ってあります。
まだ諸費用や、その他費用が入ってないですが、すでに本体工事費の1.46倍になってます。

坪単価表示が安い時は、一般論が当てはまらない事がありますので、よく調べる必要がありますね。

今回は、ここまでです。
続きは、次回に紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

 - マイホーム検討 ,

Top