タマホームの住まい

タマホームで建てた体験記録と建てた後の住み心地や気になる情報を発信

準備

      2014/02/08

前回は理想の家に近づけるために、私が実際に行ったステップを紹介しました。

今回は、タマホームと契約してから引き渡しまでの流れを、準備というタイトルで紹介しようと思います。

STEP3:準備

1:契約

「おたくと契約します。」こうタマホームに伝えてから3日後、契約書を持って担当営業さんが自宅にきました。
契約時には契約金が必要になりますので、契約金を準備します。金額は10万円以上なら問題ないようです。

1時間ほど営業さんが契約・免責事項について説明があります。

2:建物解体

通常は見積もりの中に盛り込まれている項目ですが、私は自分達で解体しましたので、パワーシャベルとダンプと廃材処理の準備をしました。

3:住宅ローン本審査申し込み

タマホームは支払いが3回に分かれてます。着工、上棟、最終という形で支払いを行います。場合によってはつなぎ融資が必要な場合も。

本審査申し込み時には所得証明、本人確認書類、通帳、印鑑などが必要になります。

4:エコキュート補助金申し込み

エコキュートは補助金がでますので、申し込み依頼をタマホームにします。ただし補助金は抽選となりますので、必ず補助金がもらえるとは限りません。また抽選期間が1年間で4回に分けられてますのでタイミングが悪いと、申し込みすらできない可能性があります。

詳しくはエコキュート補助金

5:登記

建物工事前に必要な登記がありますが、だいたいはタマホームが行ってくれます。私は知り合いに家屋調査士と司法書士がいましたので、個人で登記を依頼しました。

タマホームで依頼すると若干、登記費用がアップします。(5~10万円くらい)

6:地鎮祭

地鎮祭はタマホームに聞くと施主にまかせるという風に言われます。やってもやらなくてもいいですよ。ってことですね。

見積もり時に地鎮祭を項目に入れておけば、タマホームが段取りしてくれますが、これも費用が個人でするよりアップします。(2万円アップ位だったと記憶してます。)私は知り合いの神主さんに頼んだので、いくらか安くできました。
参考資料:地鎮祭

今回はここまでです。次回に続きを紹介します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

 - マイホーム検討 ,

Top