タマホームの住まい

タマホームで建てた体験記録と建てた後の住み心地や気になる情報を発信

タマホームに住んでみて(断熱性能編)

      2011/08/01

今、思えば、しとけば良かったこと

タマホームで新築し、住み始めて1年半が過ぎました。特に大きな問題もなく、まずまず快適な生活を送れています。
しかし、今、思えば「やっとけばよかったな~」という事も生活していく中でいくつかありました。

今回は、その辺を記事にしてみました。

我が家はタマホーム標準の「大安心の家」

まず、タマホーム大安心の家を建てた我が家の仕様ですが、ほぼ標準仕様のままです。いくつかオプションをつけてますが、「キッチンカウンター」と「コンセント追加」くらいです。

キッチンカウンター

キッチンカウンター

で、その大安心の家、標準仕様から「やっとけば良かったな~」と思ったことは...

断熱材の増量

壁断熱材

壁断熱材

タマホーム大安心の家の標準断熱材は、以下のような断熱材を使用しています。

  • 屋根:ロックウール75mm
  • 壁 :ロックウール55mm
  • 床下:カネライトフォーム30mm

この仕様だと、新省エネルギー基準(Ⅳ地区)はなんとかクリアしていますが、住んでみた感じとしては、思ったほど断熱効果は高くないように感じています。

タマホームには大安心の家シリーズで「愛」というプランがあり、この「愛」は寒冷地仕様なので、これと同等の断熱材にすれば、断熱効果が高くなると思われます。
「愛」仕様の断熱材

  • 床  :カネライトフォーム55mm
  • 外壁 :高性能グラスウール16K 75mm
  • 天井 :高性能グラスウール16K 75mm

壁内結露を防ぐため、外気と接する壁の内側に気密シートにて、ベーパーバリア施工。
オプションで、断熱材の厚みを下記のように変更すると、10~12万円程度で変更可能です。

  • 屋根:ロックウール75mm ⇒ 100mm
  • 壁 :ロックウール55mm ⇒ 75mm
  • 床下:カネライトフォーム30mm ⇒ 55mm

これで、どれくらいの断熱効果がでるのかはわかりませんが、新省エネルギー基準(Ⅲ地区)をクリアできるようになります。

樹脂サッシの採用

我が家は、アルミサッシを標準装備していますが、ひと冬過ごした感想は、「予想以上にアルミサッシが結露する。」でした。(ガラスはLOW-Eペアガラスなので、あまり結露しません。)

low-eガラスの結露

low-eガラスの結露

アルミの熱伝導率は195(W/m・K)と非常に熱を通しやすい素材で、外気温が室内に伝わりやすい素材です。なので、結露を起こしても仕方がないように思います。

結露すると、サッシ部の掃除が大変ですし、カビなどの発生原因にもなるので住まい環境としては好ましくないです。

こういった理由から、アルミサッシをオプションの樹脂サッシに変更すると、30万程度のアップになります。結構な金額になりますが、家が完成した後に樹脂サッシに変更しようとすると30万円という金額では不可能なので建てる前に樹脂サッシにしておきたいですね。

30万円という結構な金額になりますが、私的には費用効果は十分あると思います。結露によるさまざまな悪影響や、掃除の手間、こういった事が解消できるのなら、是非設置しておきたかったオプションです。

この2つのオプション追加で、40~50万程度の費用がかかります。

大安心の家「愛」仕様を選ぶ

タマホーム「愛仕様」

タマホーム「愛仕様」

タマホームは大安心の家シリーズとして、「愛仕様」というプランがあります。これは寒冷地仕様になっており、若干、標準装備が違ってきます。

大安心の家「愛」仕様概要

坪単価 26.8万円(標準仕様から坪単価1万円アップ)
大安心の家をベースに断熱性能を高めたモデルで、新省エネルギー基準III地域仕様。断熱材増・半樹脂サッシを採用。

断熱材

  • 床 カネライトフォーム55mm
  • 外壁 高性能グラスウール16K 75mm
  • 天井 高性能グラスウール16K 75mm

壁内結露を防ぐため、外気と接する壁の内側に気密シートにて、ベーパーバリア施工
大安心の家「愛」概要は上記のようになります。

窓の防犯シャッターが標準から外れてしまいますが、坪単価1万円アップでこれだけの装備が付きます。我が家の場合は36坪なので、36万円アップで「愛」仕様にできるということになりますね。

ただ、残念なのは愛仕様にすると「防犯シャッター」はオプションになってしまいます。それと九州地方では必要のない「雪止め」が屋根に付きます。

断熱材と樹脂サッシをオプションで追加することと、「愛」仕様で建てる場合の価格は実際に見積りしてもらわないとわかりませんが、聞いた話しだと「愛」仕様にするより、オプションで断熱材と樹脂サッシを追加する方が安くなるそうです。

我が家は完成してしまっているので変更できませんが、タマホームを検討されている方で「断熱性能を上げたい」、「結露が気になる」という方は、確認してみるといいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

 - タマホームの住み心地 , ,

Top