タマホームの住まい

タマホームで建てた体験記録と建てた後の住み心地や気になる情報を発信

タマホーム6ヶ月点検

      2014/02/09

タマホームの定期点検


タマホーム
では、定期点検を3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年に実施します。

我が家は2007年10月でマイホーム引き渡しから6ヶ月になりますので定期点検を行ってます。

定期点検内容は、たいした点検ではなかったのですが、ちょっと紹介しようと思います。

関連記事:タマホーム3ヶ月点検!

タマホーム6ヶ月定期点検

1.点検者

タマホームの工務担当、Kさんが点検にきました。

前回の3ヶ月点検では、5名で対応だったのですが、今回はタマホーム工務担当、Kさん1名だけです。

「たいした点検はしないんだろ~な~」という事が伺えます...。

関連記事:タマホーム不具合箇所の修正作業

2.点検内容

施主へ異常箇所がないか確認し、その内容を点検、修正という方法です。(前回の3ヶ月点検と同じですね。)

異常箇所

  1. キッチン横の上下窓の不具合
  2. 階段のきしみ
  3. リビングスライドドアの不具合
  4. 2階寝室の窓の不具合



この4項目を点検、修正しました。

それから、引渡しから6ヶ月ということでタマホーム工務担当Kさんが24時間換気システムのフィルター交換手順を交換しながら教えてくれました。(結構簡単でした。)

やはり6ヶ月経つと建具のこすれや鍵が掛からなくなるなどの不具合が出てきますね。

木造住宅の特性なので仕方ないんでしょうか。

参考資料:床はなぜきしむ(住まいの水先案内人)

今のところは、大きな不具合もなく、評判のあまり良くないタマホームでも、快適に過ごせてます。

ただ、今後のタマホーム定期点検は、1年、2年、5年、10年とありますが、また今回のような、「不具合聞き取り」、「点検、修正」という方法なんでしょうね。

私的には、定期点検というと、「点検項目」が10~20項目あり、それに基づいて「点検、確認」を実施し、「処置の必要性」、「規格範囲内」かを「確認、判断」し「対応、修正」する。

というイメージです。

住宅業界の定期点検は、今回のタマホームのような方法なんでしょうか。ちょっと不満の残る定期点検でした。

次回からは再び、着工までの準備を紹介していく予定です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

 - タマホーム完成後の生活 , ,

Top